Navigation

中国語を習いに中国語教室に語学の勉強をしに行きました。

中国語教室に語学の勉強をするために3か月程通ったことがあります。先生は中国と貿易か何かでビジネスをされていた方で中国語がペラペラでした。私もテレビやラジオの語学講座でちょっとかじったことがあったのですが、スピーキングとなると全くで。最近は中国との関わり合いもありますのでちょっとは出来て置いた方が良いかしらと思い通う事にしました。

中国語は漢字を使うので日本語がわかればある程度は理解できるだろうと最初は甘い気持ちで勉強を始めたのですが、同じ言語なのに文法から何から全く違いますね。文法はどちらかと言いますと英語に近い感じ。一緒なのは漢字だけ。漢字は中国から来たのに日本人が勝手に変えてしまったようなところもあるようですね。日本人は全く、アメリカの英語なんかも勝手にジャパニーズ英語に変えてしまったりで困りますね。昔の翻訳家の方の翻訳の質がひょっとしたら悪かったのでしょうか。他に難しい所と言えば発音ですね。四声なんかがありますので、発音がもの凄く難しいのです。

日本語でも発音やアクセントで橋と箸なんかは違ってきますが、中国語もそんな感じでピンインをちゃんと覚えてアクセントもちゃんとしたものを選ばないと全く違った意味になってしまうので要注意ですね。私も先生にしょっちゅう違うよ。今のじゃこういう意味になってしまって通じないよと注意をされましたね。先生は仕事で必要に迫られて必死で短期間で習得をしたようですが、やはりそういうのがあるとモチベーションもあがるのでしょうね。

注目リンク

Copyright (C)2017中国語は使える「会話」を学びたい.All rights reserved.