Navigation

語学は中国語教室で勉強したかった

若い頃好きになった芸能人の言葉の意味を知りたくて語学を勉強しようと思ったことがあります。意味を知りたいという事で解かると思いますが日本人ではありません。その時には香港といってました。今は中国に返還されたので国名としては中国になります。だから中国語教室に通おうかと思ったことがありました。今はほとんどの言葉が中国語になっていますが昔は広東語と言っていました。だから広東語を習うか中国語を習うかで悩み結局行きませんでした。それでも独学で勉強しようと思い本を買ってきました。しかし語学というものは基本的にヒアリングが大事だと思います。ヒアリングが学べるCDの付いてる本を買うかやはり教室に通って勉強しないと書くことは出来てもヒアリング能力は身につきません。そして何より解からない時や聞きたいことがある場合に独学だと誰も教えてくれないので解からないことを理解しないままになってしまいます。

語学の勉強には教室に通って聞きながらの勉強が一番だと思います。それが難しい人には友人を作るのがいい方法ではないかと思います。勉強したい言葉をしゃべる友人と接することが言葉を覚える早道だと思います。最近では学校の英語の教師に外国人を雇っている学校も増えているようですし、やはり生の言葉に触れることが覚えるのには1番いいということだと思います。それに勉強する言葉もさまざまになっているようで中国語などはわざわざ中国語教室に通わなくても学校で習えるようになっているようです。

注目リンク

Copyright (C)2017中国語は使える「会話」を学びたい.All rights reserved.